本日 6 人 - 昨日 40 人 - 累計 39459 人

◎日帰りバス旅行報告

 平成29年10月8日(日)ともしび号で山梨へ行ってきました。
 今回はテレビでも紹介されたことのある水陸両用バスに乗りに行く企画。
 東名経由で山中湖の森の駅に行きKABAバス乗り場へ。
 バスと船が合体した乗り物は高さが高く、見晴らしをよくする為に開放感のある作りの窓になっていました。
 バスは育成会で一台貸切。山中湖畔をガイドさんのお話しやクイズを楽しみながらドライブ。湖へ向かう急な坂道を下ったと思ったら…水しぶきを上げてそのまま湖へ!湖の東方向からぐるんと西側の富士山方向へ一回りして森の駅へと戻りました。
 その後移動して西湖のいやしの里へ。
 昼食は彩雲さんで郷土料理のほうとう御膳を食べ、その後は自由に散策を楽しみました。それぞれの家でテーマがあり紙、布、焼き物等体験教室や展示、地元の特産品や民芸品などの販売も行っていました。
 広場では古代米を使った餅つきが開催され、餅つき体験やつき立てのお餅を美味しくいただく事ができました。
 帰りは連休の中日だったので少し早めに出発しましたが、中央道が渋滞してしまい、急遽談合坂サービスエリアの他に厚木パーキングで休憩を取り、予定より30分遅れで海老名に戻りました。
 今回は定員40名のところ52名の申込みがありました。KABAバスに関心有る方が多いのかなと思いました。
 今回お世話になりましたボランティアの方々、海老名市役所様、海老名市社会福祉協議会様、神奈川中央観光様、どうもありがとうございました。



前の記事
次の記事