本日 22 人 - 昨日 41 人 - 累計 42000 人

◎お楽しみ一泊旅行の報告

9月3~4日に草津温泉へ一泊旅行に行って来ました。
参加者は本人23名、大人21名、ヘルパー1名、ボランティア1名の46名で、そのうち初参加者は親子4組、本人2名の10名でした。
海老名市役所を午前10時前に出発、途中トイレ休憩をとり、道の駅「こもち」では、あらかじめバスの中で配られた幕の内弁当をめいめい日陰を探して食べたり、農産物の売り場を見たりしました。バスの中では草彅さんが持ってきた誕生日花の本でみんなの性格診断を読み上げ大笑いしているうちに午後3時過ぎには宿泊するホテル櫻井に到着しました。
チェックイン後、各自お部屋に荷物を置いて少し休憩してから、希望者のみの43名で散策に出ました。まずは西の河原公園へ、上流に向かい道端の文学碑やベルツ博士の胸像を見ながら歩きました。ここは河原のあちこちから毎分1400リットルの温泉が流れ出ているので、川底の石は硫黄成分でエメラルドグリーンに色付いていてとてもきれいでした。
記念写真を撮ったりしてから、次は湯畑に向かいました。途中、ふかしたての温泉饅頭の試食をしたりして、ホテルへと戻りました。
午後6時から宴会場で豪華な夕食。美味しいお料理をいただきながら、ご本人さんたちのカラオケ大会。ひとり1曲ずつ歌ってから、最後に全員で『世界に一つだけの花』、『恋するフォーチュンクッキー』を歌って踊り、大いに盛り上がりました。
その後は、湯もみ体験や和太鼓ショーを楽しむ人、温泉や露天風呂でゆっくりする人と、各自めいめいに過ごしました。
9時半ころから幹事部屋にお母さん達だけ集まって、持ち寄りの自家製手作りの茹で落花生やお漬物や、お菓子やおつまみをお共にミーティングでたっぷりおしゃべりを楽しみました。
翌日早朝に予定していたお散歩は雨のため中止となりましたが、朝のお風呂を楽しんでからのバイキングの朝食をとり、9時半にホテルを出発しました。水沢観音の参拝はタイミング悪く雨になってしまいました。その後、伊香保で名物の水沢うどんと天ぷら、きのこの炊き込みご飯をいただき、帰りのバスの中ではわいわいと景品争奪ジャンケン大会を楽しんだりしながら、午後4時前には海老名市役所に帰ってきました。
ボランティアとヘルパーさんで参加してくださった草彅様、外山様、またお父様で参加してくださった川上様、山口様、入浴介助など男手の足りない中、大変お世話になりました。本当にどうもありがとうございました。
また、お料理やお菓子、飲み物を差し入れしてくださった方々、どうもありがとうございました。ごちそうさまでした。残ったお菓子はジャンケン大会の景品として使わせていただきました。
見送りにいらして、差し入れまでくださったホームひかりサービス管理責任者池田様、どうもありがとうございました。
今回の旅行では、赤い羽根共同募金の活動費4万円を使わせてもらいました。
ところどころで見られた本人同士の助け合いなど、また今回もご本人さんたちの成長を垣間見ることができとてもうれしく思いました。保護者の方々のご協力、本当にどうもありがとうございました。
onsen_animal



前の記事
次の記事